【釣りのライフジャケットの種類と選び方】 オススメのモデルをタイプ別に紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

いかなる釣りでも必要なアイテムである「ライフジャケット」

種類が様々ありこれから釣りを始める方はどのライフジャケットを選べば良いか分からない方も多いと思います。

この記事ではライフジャケットの種類と選び方の解説とオススメのアイテムを紹介します。

目次

【釣りにおけるライフジャケットとは?】 落水時に体を浮かせるための用具

釣りにおけるライフジャケットとは万が一、落水した際に体を浮かせるための”救命用具”です。

また釣りに限らずジェットスキー、シュノーケリングのようなマリンスポーツなど水に関わるあらゆる場面で使われています。

【なぜライフジャケットが必要なのか?】 自分の命を守るため

自然の水辺で遊ぶ釣りでは危険が伴います。

急な波、滑りやすい岩場や川石、転倒しやすいゴツゴツした磯場など気をつけていても落水してしまうことはあります。

落水時にライフジャケットを着用している場合の生存率は84%、着用していない場合は24%というデータがあります。

参考:”国土交通省・ライフジャケット着用推進のためのシンボルマークを決定!”

チヌチヌマン

せっかくの楽しい釣りを悲しい出来事にしないためにも必ず着用しましょう!

【ライフジャケット 桜マークとは?】 国の安全基準を満たした救命用具

引用:国土交通省・ライフジャケット着用義務拡大

ライフジャケットの中で「桜マーク付き」があります。

国が定めた安全基準を満たしたライフジャケットには国土交通省の桜をかたどった検印を押されたものを通称「桜マーク付きのライフジャケット」となります。

船釣りをする場合には「桜マーク付きのライフジャケット」の着用が義務となります。

違反すると船長が罰則を受けることになります。

【釣り用ライフジャケットの種類】 固型式と膨張式

ライフジャケットには大きく分けて「固型式」「膨張式」の2種類があります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので解説していきます。

【固型式】 磯釣り、ウェーディングに向いているが船釣りには使えない

固型式タイプ

固型式はあらかじめ発砲プラスチックなどの浮力材を使用しているタイプです。

”日本小型船舶検査機構性能鑑定適合品 レジャー用ライフジャケット(固型式)”として定められており船釣りには使用できません。

【固型式 メリット】 浮力が失われない

  • 岩、貝などで生地に穴が空いても浮力は失われない
  • 浮力体がクッションの役割をして転倒時のケガを軽減できる
  • 子どもでも安心して使うことができる
  • 釣りに合わせて様々な形状がある
  • 磯釣り、ウェーディングにオススメ

穴が空いても浮力が失われることがないので磯釣りなどハードな釣り場で着用します。

また釣りに合わせて様々な形状、機能的なライフジャケットがあるので用途に合わせて選ぶことができます。

【固型式 デメリット】 動きづらく蒸れる

  • 浮力材がかさばる
  • 動きづらい
  • 通気性が悪いので蒸れる
  • 着脱がめんどくさい
  • 船釣りに使えない

浮力材が入っているので動きづらい、暑い、かさばるなどのデメリットがあります。

また釣りに合わせてポケットが多かったり機能性があるゆえに重くなりがちです。

船釣りには使えないので船釣りを考えている方は”桜マーク付き”から選ぶようにしましょう。

【固型式のライフジャケット 用途で選ぶ】 磯釣り用・ゲームベスト

小形式のライフジャケットにはウキフカセ釣りに特化した”磯釣り用フローティングベスト”とルアーフィッシングに向いている”ゲームベスト”の2種類があります。

【磯釣り用フローティングベスト】 ウキフカセで使う小物を収納可能

磯フカセ用フローティングベスト

磯釣り用のフローティングベストではウキフカセで使うウキを入れるウキポーチ、ハリケース、ハリス、シモリ玉などの小物入れを収納できるようにたくさんのポケットが付けられています。

【ルアーフィッシング ゲームベスト】 ルアー用に大きなポケット

引用:シマノ・アクトゲームベスト

ゲームベストはルアーのように大きな仕掛けを入れるのでポケット1つ1つが大きくなっているのが特徴です。

収納力があるのでルアー釣りのみならず磯釣り(フカセ釣り)でも使うことができ汎用性が高いです。

【磯釣り用フローティングベスト】 オススメのアイテム

ここからはオススメのライフジャケットを紹介します。

まずは磯用のフローティングベストです。

【シマノ ネクサス・フローティングベスト・VF-120W】

ラインカッターなどを装着しているカラビナ、パーツホルダー、ハリ・ガン玉外しを取り付けることができる設計になっています。

シマノはアングラーの動きを研究し動きやすい作りになっています。

初心者から上級者まで全ての磯釣り師にオススメのアイテムです。

【ダイワ バリアテックサイバーフロート・DF-3321】

腰部にダイヤルがありそれを回してアジャスターを調節することで体にフィットさせることができます。

大容量ポケットにより素早し手返しができ効率の良い釣りが可能です。

【がまかつ フローティングベスト・GM2193】

従来よりも柔らかい羽力材を使用することで動きやすい設計です。

サイドにウェストベルトがあり調節可能です。

ピンオンリール取り付け、ポケットも多く収納も◎

浮力材は取り外し可能でメンテナンス性も良いです。

【ルアーフィッシング ゲームベスト】 オススメのアイテム

ルアーフィッシングに向いているゲームベストを紹介します。

【シマノ ゲームベスト・VF-024U】

ファイトやキャスティング時の動きを分析し動きを阻害しない設計となっています。

ウェーディングでも使いやすいように着丈はショート気味の作りです。

ボックスポケットは下側がメッシュ仕様で排水される作りとなっています。

【ダイワ フロートゲームベスト・DF-6206】

肩ベルトの一部が衝撃吸収材になっており体への負担を軽減してくれます。

好みに合わせてセッティング可能なプライヤーホルダー、ドリンクホルダーなど搭載されており使い勝手に優れたベストです。

【プロックス フローティングゲームベスト・PX313KK】

前面2箇所のフロントポケットはビック仕様で収納力抜群です。
(参考:MEIHO・VS-3020のケースが入る大きさ)

ドリンクホルダー、プライヤーホルダーも搭載で背面にも大型ポケットが付いておりレインウェアなど収納可能です。

浮力材が取り外し可能でメンテナンス性も良いです。

コスパに優れたゲームベストです。

【膨張式】 コンパクトで動きやすいが浮力を失うことも

膨張式は緊急時に内蔵されたガスボンベを放出することにより浮力を得られるライフジャケットです。

落水時に水を感知して自動で膨張する”自動膨張式”手動で紐を引くことでボンベを作動させる”手動膨張式”があります。

【膨張式 メリット】 コンパクトで動きやすい

  • コンパクトで軽い
  • 動きやすい
  • 暑い時期でも蒸れにくい
  • 着脱が簡単
  • どんな服装にも合わせやすい

膨張式のメリットはなんといってもコンパクトで動きやすい点です。

腰巻きタイプにすると着用していてもほとんど気にならず動きを制限されることもありません。

桜マーク付きを選ぶことで船釣りでも使えて、おかっぱり、堤防など多くの釣り場で使うことができます。

【膨張式 デメリット】 岩、貝などに擦れると浮力を失うことがある

  • 岩、貝などに擦れて穴が空くと浮力を失うことがある岩礁帯などの磯釣りでは使えない
  • 自動膨張式は暴発することも
  • ガスボンベの交換が必要
  • 定期点検が必要

最大のデメリットは”浮力が失われていることがある”だと思います。

知らずのうちに生地が傷ついていたり穴が空いていると浮き輪が出ない!なんてことも・・・。

そのため定期的な点検やガスボンベの交換が必要となり管理に手間がかかります。

チヌチヌマン

万が一、落水した時にしか分からへんから普段からの点検が大切です

【膨張式のライフジャケット 装着する位置で選ぶ】 肩掛けor腰巻き

膨張式では装着する位置で”肩掛けタイプ”と”腰巻きタイプ”があります。

【肩掛けタイプ メリット】 安定した姿勢が取りやすいが釣りの動きに邪魔になることも

膨張式・肩掛けタイプ
  • 安定した浮き姿勢が取りやすい
  • 子どもにオススメ
  • 腰巻きより安全性が高い

肩掛けタイプは万が一、落水した際に上体が浮かび上がってくるので”水中で安定した姿勢が取りやすい”です。

体勢を立て直しやすいので子どもにもオススメです。

【肩掛けタイプ デメリット】 肩周りが蒸れる

  • 肩、首に接地するので気になる
  • 夏場は暑い
  • 肩が蒸れる
  • キャスティング時に気になる場合がある

肩周りにくるのでどうしても気になる場合があり、肩から腰まで接地している部分がめちゃくちゃ暑くて蒸れることがあります。

またキャスティング時に邪魔になる場合があります。

【腰巻きタイプ メリット】 とにかく動きやすい

引用:photoAC
  • とにかく動きやすい
  • 蒸れにくい
  • 着脱が非常に楽
  • 服装を選ばない

腰巻きのメリットは”動こやすい”ことに尽きると思います。

暑い時期でもどんな服装でも気になることは少ないはずです。

【腰巻きタイプ デメリット】 姿勢の安定感に欠ける

  • 水中での姿勢の安定感に欠ける

腰巻きのデメリットは”水中での姿勢の安定感に欠ける”ことです。

浮き輪のように膨らむので自分フェバランスを取る必要があります。

ある程度、泳ぎに自信がある人はオススメです。

【肩掛けタイプのライフジャケット】 オススメのアイテム

膨張式の方掛けと腰巻きのオススメのアイテムを紹介します。

ここで紹介するアイテムは全て

  • 自動、手動どちらでも膨張できる
  • 桜マーク付き
  • 船釣りで使えるTYPE-A

となっています。

どれを選んでもらっても船釣りでもおかっぱりでも問題なく使うことができます。

【シマノ ラフトエアジャケット・VF-051K】

ウエストベルトと背面ベルトでサイズ調整ができたりホイッスル付きなど機能性に優れています。

気室は取り外し可能なので丸洗いができます。

【ダイワ インフレータブルライフジャケット・DF-2608】

ウエストベルトと背面ベルトで様々な体型に対応可能です。

ベーシックな肩掛けタイプです。

【がまかつ エアベスト・LE2182】

ボンベのインジゲーターを目視で確認することで使用の可否が一目で分かるようになっています。

替えのボンベキットがメーカー純正が販売されているので気軽に交換可能です。

【腰巻きタイプのライフジャケット】 オススメのアイテム

膨張式の腰巻きタイプのオススメのアイテムを紹介します。

こちらも肩掛け同様に・・・

  • 自動、手動どちらでも膨張できる
  • 桜マーク付き
  • 船釣りで使えるTYPE-A

の仕様を紹介しますのである程度泳ぎに自信のある方は腰巻きを検討してみてください。

【シマノ ラフトエアジャケット・VF-052K】

装置が正しくセットされているか目視で確認できるインジゲーター付きです。

コンパクトで収納がしやすい作りとなっています。

ウエスト部はテンションゴムを採用しておりフィット感もあります。

【ダイワ インフレータブルライフジャケット・DF-2709】

基本性能をしっかり備えた軽量、スリムタイプ。

腰回りにしっかりフィットする設計です。

【がまかつ コンパクトエアフローター・GM2196】

コンパクト設計で着用感を従来品よりアップ。

本体は摩耗に強い生地を採用。

【釣りのライフジャケットの種類と選び方】 まとめ

楽しい釣りを楽しいままで終わるために、自分の命を守るためにライフジャケットは必ず着用しましょう。

種類と選び方がたくさんありますが自分がやる釣りと好みに合わせて最適な1着を見つけてください。

今日の釣り格言

淵に臨んで魚を羨むは、退きて網を結ぶに如かず。 by 漢書

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

海釣り、ファッション、グルメ、旅行と多趣味な30代です。
僕がしている全ての趣味のことを書いているブログです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次